若狭・小浜へ②

若狭路から京都へ至る街道を、若狭の海の幸を運ぶ「鯖街道」と呼ばれました

美味しいお魚、いっぱい食べられるかナ~♪


画像



まちの駅がありました
画像


画像


海が見えてきました


 お世話になる サンホテル やまね  さんです

画像


何とこちらに2泊するというのです

前もって調べて、かなり昭和な感じのホテルとは分かっていました

画像


窓からの海
画像


ここからの夕日が綺麗に見えるとの事でしたが・・・

・・・分かりますね・・この天気じゃ・・


画像


時が止まったような

画像


やまねのいい所だけを見て行こうと、心に誓う。

昭和61年に陛下もお泊りになられました

画像


大浴場は小さいですが、温泉です  ナトリウム塩化物
結構、ポカポカになり温泉効果がありました

画像



夕食は部屋食です

この日はカニのフルコースプラン

ホタテのサラダ
画像


お刺身  新鮮でとても美味しい
画像


カニきたーー
画像


お鍋も
画像


カニの天ぷら
画像


茶碗蒸しにもカニの身が
画像


炭火で焼いてくれます
画像



このころになると、もう許してって感じになります、贅沢にも


最後は雑炊 
画像


デザートは別腹
画像



いや~~、久しぶりのカニはとっても美味しかった~!!

仲居さんの接待も素朴で、生き生きとしていて気持ちが良かった


夜食は・・用意してます  焼き鯖寿司を!
画像



鯖が厚くて、油が乗っててうんま!!


この日はご馳走と、鉄の旅の緊張とでぐっすり眠れました~



この記事へのコメント

simtoki
2019年01月09日 20:53
蟹三昧~
二泊だったら夕陽もみられたのかな。
のんびりできたようで良かったですね。
蟹と温泉、もう言うことなしですね♪
sattoru
2019年01月10日 01:06
豪華なお食事ですね!夜食の準備もバッチリ!焼きサバ寿司は自分も大好物です。日本海側のどんよりした天気、とても「らしく」感じます。自分の湯巡りの中心エリアの島根、鳥取県も山陰エリア。晴れの日の多い当地山陽エリアとは雰囲気が違って旅情を感じるんです(笑)。お宿のじゅうたんの感じがいいですねぇ~。寒い冬は塩化物の湯に限ります。
2019年01月10日 03:35
久しぶりに食べたカニ、とっても美味しかったです!カニは部屋食だと、じっくり時間をかけて急かされないで?食べられるのがいいですね(笑)
お魚も美味しかったぁ~♪三昧だと、「もういい」って思いますけど、今また足の1本でも食べたくなります
2019年01月10日 03:52
焼き鯖寿司、とても肉厚で美味しかったです♪夜食の準備(笑)何もないと不安になっちゃいます。
どんよりした日本海を見て、「夢千代日記」を思い出しましたよ。セリフの中に表日本とか、裏日本とか・・。今だったら炎上しそうな?(笑)山陰のひなびた温泉町で、さまざまな事情を抱えた女たちの人間模様。山陽エリアじゃさまになりませんて!確かに旅情を感じましたよ・・今回は。

この記事へのトラックバック